バーコード管理で誤発送にも対応

通販物流の便利な機能!バーコードの役割とは?

様々な物品に貼られている「バーコード」。スーパーなどに置かれている商品はもちろんのこと、通販で購入した商品にもついていることが多いですよね。では、バーコードはどんな場面で利用されているのかというと、物品の管理において重要な役目を果たしています。バーコードを貼ることによって、検品や商品のピッキング作業などが円滑になり、誤発送や不良品の出荷を防ぐことができます。また、情報管理の方法が統一されることで、担当者以外でも商品を管理することができ、急な対応や引継ぎ場面でもスムーズに業務を行うことが可能です。バーコードを貼る作業は時間もコストもかかる作業ではありますが、バーコード管理を取り入れることで誤発送などのミスを防ぐことができるという利点があるため、多くの通販物流で導入されています。

通販物流の便利な機能!バーコード管理の方法

通販物流における誤発送などを防ぐことができる、バーコード管理。ここでは、具体的な利用方法をお伝えします。まずは、商品ごとにバーコードを貼りつけます。バーコードには色々なタイプがあり、スーパーなどのバーコード取得が義務付けられている小売業では、JISにより規格化されたJANコードを利用しています。通販の場合はバーコード取得が義務付けられていないため、庫内管理用のバーコードを発行する場合も多いようです。そして、バーコードと商品をスキャンし、検品や保管位置、出荷状況などの管理を行います。リアルタイムに情報が更新されるため、迅速で的確な対応を行うことができます。その他にも、使用するハンディターミナルによっては、誤りがあれば音声やバイブレーションで知らせてくれる機能があるなど、通販物流においてバーコード管理はとても便利な機能であるといえます。

面倒な作業を任せられるのが特徴

ネットショップを行うときに重要になるのが配送業務や入庫業務と言えるでしょう。小さな会社だと注文数に比例して負担が多くなるので大変です。こういうときに役立ってくれるのが通販の物流サービスなので知っておくといいといえます。